テーブル・インテリア・収納家具・ローテーブル・こたつのノチカ


インテリアの材料:木材

材料としての特徴

長所:熱を伝えにくい、保温性がよい、調湿・吸湿性がある、軽く加工しやすい。
短所:燃えやすい、腐りやすい、節やねじれによる強度のムラ、乾燥による割れや変形、均質なものを量産できない。

針葉樹と広葉樹

樹木には数多くの種類があり、大きく分けて「針葉樹」と「広葉樹」とに分けられます。
針葉樹の木材としての特徴は「軟木(やわぎ)」と呼ばれ軽くて柔らかく加工がしやすいというもので
構造材(建物の骨組みになる材料)、造作材(室内の仕上げや取り付けに使われる材料)などに使用されます。

一方、広葉樹は「硬木(かたぎ)」と呼ばれ重くて硬く強度があり傷がつきにくいというもので
家具や突き板(薄くスライスした天然木板材)などに使用されます。また、木目の形状や大きさが様々で表情豊かなため、木目を活かして家具などのインテリアに多く使用されます。

代表的な木材とその特徴


針葉樹

◆ヒノキ
 強い芳香と特有の光沢があり、耐水性、対候性に優れる。主に建材や浴槽などに使われる。

◆ベイマツ
 高強度で加工がしやすい。樹脂成分が多く、年輪が分かりやすい。主に建材や合板などに使われる。

◆パイン
 狂いが少なく加工がしやすい。光沢が仕上がりが美しい。主に造作材や家具などに使われる。

◆スプルス
 強度が高い。加工がしやすく仕上がりも◎。耐久性はやや劣る。主に建材や家具などに使われる。

広葉樹

◆ホワイトアッシュ
 加工がしやすく衝撃や摩耗に強い。耐久性も◎。主に内装材や家具などに使われる。

◆チーク
 世界三大銘木。高耐久性で加工や仕上げが簡単。主に内装材や家具などに使われる。

◆マホガニー
 世界三大銘木。光沢があり美しく、加工しやすい。主に内装材や家具などに使われる。

◆ウォールナット
 世界三大銘木。濃淡のある木目縞が美しい。主に内装材や家具などに使われる。

書いたひと
駿太郎
乗り物大好き

TEL:0120-926-788 (お客様専用)
(電話受付時間9時30分〜18時15分)
「商品のご相談や在庫確認や納期のご確認など お気軽にお電話いただけることをお待ちしております。」
土曜日のメールでのみご対応させて頂きます。
定休日:日曜日・祝日・臨時休業日などTOPページのカレンダーをご参照頂きますようお願いします。


PHOTO BY 
NAOTOOGA&KEITA



Mobile